ネスタリゾート神戸の通いリゾバで受付業を体験したから良し悪しを暴露する

実際にネスタリゾート神戸で2週間、通いのリゾートバイトをしてきました。その時の年齢は20歳で女だった私は、お小遣い稼ぎのためにリゾバを体験したんです。

そこで、このサイトにネスタリゾート神戸でリゾートバイトをして良かったことも悪かったこともすべて、隠さず現実を暴露します。なかなか表には出ないリアルな実態。

ネスタリゾート神戸で働くことが気になっている人へ届きますように。最後に質問やコメントも受け付けています。

では、2週間ネスタリゾート神戸でリゾートバイトをした私の後日談をどうぞ!

 

ネスタリゾート神戸の受付スタッフの仕事内容は慣れたら簡単だった

ネスタリゾート神戸は山を切り開いた広大な土地の中。そんな大自然を味わいながら働けました。

ここでリゾバをするなら、以下いずれかのアクティビティに配属されます。

  • ワイルド・バギー
  • ワイルド・カヌー
  • ワイルド・ハーベスト
  • アニマル・フレンズ
  • スカイジャングル
  • ネスタイルミナ
  • レジェンドスポーツヒーローズ
  • ワイルド・ジャンピング
  • ボルダリング
  • ジャイロボード
  • グランピング

私たち派遣のリゾートバイトたちは、人手が足りない種目に配属されます。天候や季節によって変わり、どのアクティビティで働けるかは当日まで分からなかったです。なのでネスタリゾートは、臨機応変に対応できる人に向いている仕事でしたね。

どこの職場でもやる仕事はだいたい同じで、整理券の配布や受付案内。基本的に難しい内容は社員がやってくれます。

人気のアクティビティは先着で整理券を配ります。このとき、数百人のお客さんを一人で、あるいは少人数でさばかないといけません。慣れるまでは大変ですが、仕事を重ねるごとにスムーズに出来るようになり簡単に感じてきます。

とにかく、明るい接客ととっさの対応を求められるのがネスタリゾート神戸のリゾートバイトの仕事。慣れるまでが肝心です。慣れてくるとお客さんとのコミュニケーションに余裕ができ、やりがいも大きくなっていきました。

 

人間関係は広く浅く!

ネスタリゾート神戸では正社員、短期間の契約で働いている派遣のリゾートバイト、地元のアルバイトと、あらゆる経歴の人がいました。特にゴールデンウィークや夏休みといった長期休暇は家族連れが一気に押し寄せるので、派遣のリゾートバイトで数十人ほど雇っているとのこと。

どうしても働いている人の出入りが激しくなるので、人間関係は広く浅く。それでも人との関わりが深い職種であり、短期間でも交流の機会は豊富にありましたね。スタッフルームは和気あいあいとした雰囲気で、心地よく過ごせていました。

わからないことは先輩や社員の人に教えてもらったり、フォローをいれてくれたりと、かなり優しかったです。慣れてくると今度は私が教える立場に。そんなギブアンドテイクで上手く成り立っている職場でした。

 

2週間ネスタリゾート神戸でリゾバを体験したからこそ分かったこと

ネスタリゾート神戸でリゾートバイトを初めて行いました。その土地で実際に体験したからこそ分かる良かったこと、悪かったことの2つを以下にまとめています。

 

悪かったこと

ネスタリゾート神戸の仕事で良くなかったことは、たまにお客さんから理不尽な暴言や八つ当たりを受けることでした。遊園地の仕事すべてに当てはまると思います。

例えば、アクティビティの待ち時間が60分~120分と長いから「一生こんなところにこない!」「最低!」と私たちに文句を言われました。

特に整理券の配布が終わり、買えなかったお客さんからイライラをぶつけられます。どんなに説明しても「で?」「だから?」「それは上の人が言ったことなの?今すぐ聞いてこい」と詰め寄られたり。過去には胸倉をつかまれて口論になったスタッフもいたそうです。

アクティビティによっては別料金がかかるものもあり、「どれだけ金をとれば気が済むんだ!」「これ詐欺じゃない?」といった苦情もありましたね。

ほとんどのお客さんは納得してくれるのですが、少なからず愚痴の相手をして怒りを抑えないといけない方々がいます。

 

忙しい時期はスタッフが人手不足だったのも、ネスタリゾート神戸で働いた時の悪かったことです。基本的には先輩がフォローしてくれましたが、責任者(正社員)はもっといてほしかった。短期雇用、アルバイトの人が多く、少しの間自分でクレーム対応しなければなりません。

ネスタリゾート神戸の来場者数に対してこのスタッフの少なさ、マニュアルの至らなさを知り、遊園地でのリゾバも大変だなと実感しましたね。

 

良かったこと

ネスタリゾート神戸のリゾートバイトで良かったことは、客層が高級層だったこと。これは働いている私たちにとってかなり嬉しい!

客層にお金持ちが増えると同時に、余裕のある人も増えます。なので「ありがとう」とお礼の言葉を言ってくれたり、「大変だね」と気遣ってくれるお客さんが比較的多いと感じました。

文句を言われることもありましたが、合わせて温かい言葉をかけてくれるお客さんもいたので、達成感はすごかった。

 

そしてもう一つ、時給が高かったのもネスタリゾート神戸で働くメリット!兵庫県内のアルバイトは1000円未満が多いなか、ネスタリゾート神戸は1000円以上の時給で稼げていました。

特に天気の晴れた日の仕事は、働きながら体も動かせて最高に気持ちよかった!

立地的にも客層的にも知り合いとほぼ確実に会わないので、いつもとは違う自分を出せる気がしてのびのびと働けましたね。

 

声出しが得意ならテーマパーク系のリゾバはおすすめ!

リゾートバイトの職種には、向き不向きがあります。ネスタリゾート神戸のような遊園地はアウトドアであり、元気よく大きな声を出さないといけません。

なので、自然が好きだったり、声を出すのが得意な人におすすめ出来ます。

逆に明るい雰囲気にずっといると疲れたり、物静かな人はテーマパーク系のリゾバ以外を選ぶといいですよ。

あっ、もし春にネスタリゾート神戸でリゾートバイトをするなら、花粉症の人は要注意。自然に囲まれている施設なので花粉がヤバい。どうしても働きたいならマスクや薬の用意必須ですからね!

 

ネスタリゾート神戸でリゾートバイトをした時の持ち物

私はネスタリゾート神戸の寮に住み込みで働いておらず、家から通いでリゾバをしていました。なので持ち物も少なかったです。

必需品は昼食の用意だけ。制服(半袖の黒色ポロシャツとベージュのチノパン)もネスタリゾート神戸で毎日配布してくれており、持って行く必要も洗濯する必要もありません。

一つだけ気を付けないといけないのが、ポロシャツの下に着用しするインナーは黒か白色の二択であること。グレーやピンクといったインナーを着ていくと、仕事中はポロシャツ一枚で働かないといけないんです。特に冬場は寒すぎて死にそうになるので、気をつけてください。

 

ネスタリゾート神戸のリゾートバイトに応募した方法

ネスタリゾート神戸のサイト内で常時、アルバイトを募集しています。また、リゾートバイトの派遣会社からも応募できますよ。常に人手が足りていないないようなので、いつでも歓迎されると思います。

私は派遣会社を通したほうが待遇が良かったので、もちろん派遣会社から応募しています。

派遣会社を使ってみる:リゾートバイトの派遣会社を使い倒した私がおすすめするランキング

もっと体験談を見る:リゾートバイトの体験談一覧

 

更新日:


comment

メールアドレスはプライバシーのため公開されません。 また、名前はニックネームでも可能です。

CAPTCHA


コメントありがとうございます!

Copyright© #リゾバしろ , 2019 All Rights Reserved.