長野斑尾高原の住み込みリゾバでレストラン業を体験したから良し悪しを暴露する

夏に長野の斑尾高原で3週間、住み込みのリゾートバイトをしてきました。その時の年齢は20歳で男だった私は、夏休み後半の旅行資金を稼ぐためにリゾバを体験したんです。

そこで、このサイトに長野でリゾートバイトをして良かったことも悪かったこともすべて、隠さず現実を暴露します。なかなか表には出ないリアルな実態。

長野で働くことが気になっている人へ届きますように。最後に質問やコメントも受け付けています。

では、3週間長野斑尾高原でリゾートバイトをした私の後日談をどうぞ!

 

斑尾高原のレストランキッチンの仕事内容はかなり楽だった

長野のリゾートバイトで私が担当したのはレストランのキッチン業務。主にランチとディナーの仕込みと調理をしていました。どちらもバイキングです。

タイムスケジュール

10時~ ランチの仕込み

12時~ ランチ開始

13時半 ランチ終了

中抜け休憩

17時 ディナーの仕込み

1時間休憩

18時 ディナー開始

20時 ディナー終了

実働は1日8時間いかないくらい。

夏休みのスキー場で、客層はアスレチックやグランドゴルフを利用する家族連れ、そして体育館やテニスコートを夏合宿で使う大学生がメインでした。

 

斑尾高原のレストランで行った具体的な仕事の内容は、ランチ前の仕込みにBBQ施設用の野菜を切り、その日のランチメニューの準備をしていました。ランチとディナーの違いはBBQ用の野菜を切る作業があるかないか、だけです。

お客さんが来てからは揚げ物を担当していたので、その日の揚げ物メニューをひたすら揚げていました。特に、大学生のお客さんが多いときは揚げ物がバンバン出るので大変

といっても働いてみた感想は正直、めっちゃ楽でした。朝も早くなく、ランチとディナーの間に3時間ほど休憩があるので昼寝をしたり、ゲームをしたりできたんです。仕事の内容も激務ではなく、お客さんがたくさん来る1時間ほど忙しいだけ。仕込みの時はおしゃべりしながら、のほほんと働いていました。

 

私の他に友達2人も一緒にリゾートバイトをしており、1人はレストラン内のホール業務で私とほぼ同じタイムスケジュールで働いていました。

もう1人は課外活動のアシスタントで、毎日グランドゴルフやアスレチックで子供たちの遊び相手に。帰る頃の彼はたくましくなり、グランドゴルフはほぼホールインワン。そのくらい遊んでいたとのこと。

 

人間関係は大学の寮みたいだった

斑尾高原のリゾートバイトは大学時代に行ったのですが、他のリゾートバイターも学生ばかり。男女同じ施設内で寝泊りするので、リゾバ中に付き合うカップルもいました。

特におもしろかったのが、韓国から語学研修を兼ねて働きに来ている韓国人と、日本対韓国のオリンピック競技を見ながら盛り上がったことです。それ以外にも、持ってきたプレステのサッカーゲームでリアル日韓戦をしたり、戦国時代のゲームをしながら韓国人に武将の説明をしていました。韓国人に織田信長は大人気で、織田信成は信長の子孫だという話をすると、驚きと興奮が入り混じったすごいテンションになっていました。

夜は誰かの部屋に集まって飲んだりと、リゾートバイトの相部屋はまさしく大学の寮でした。

 

住んでいた寮(部屋)はけっこう広い

3人1部屋の2段ベッドが二つの部屋でした。テレビもついており、10人ぐらいが集まっても問題ないぐらいの広さ。

私たちは3人だったこともあり、1つのベットを荷物置きにできたので更に広々と使えました。

 

3週間長野の斑尾高原でリゾートバイトを体験したからこそ分かったこと

長野県斑尾高原のレストランでリゾートバイトを初めて行いました。その土地で実際に体験したからこそ分かる良かったこと、悪かったことの2つを以下にまとめています。

 

悪かったこと

ご飯があまりおいしくなかったことです。基本的にバイキングで余ったものが出てくるので、毎日似たようなメニューだったのはきつかった...。ラスト1週間はほぼコンビ二で買って食べていました。

 

良かったこと

私は望んで3週間休み無しの勤務だったので、休日出勤や時間外手当がガンガン乗っかり3週間で27万稼げたんです。想定していた金額を大幅に超えたので、その年の夏休みは豪遊していたのを覚えています。

あとはリゾートバイトで一緒になったメンバーと仲良くなり、今も連絡を取るような間柄になったこと。リゾバ終了後も冬に働いていたスキー場にみんなでスノボをしに行ったりと、交友関係が広がりました。長野という場所的にも、関東と関西の両方面から人が集まっていたのも良かった!

 

おすすめのリゾバは夏のスキー場!

夏のスキー場は強くおすすめ出来ます。山の上にあって涼しいですし、お金を使う所もあまりないのでガンガン貯金できる。

リゾートバイトにはもってこいの土地柄でしたよ。

 

長野でリゾートバイトをした時の持ち物

着替えとゲーム機のプレステぐらい。

スキー場だったので、近くにコンビ二もATMもありました。たまに従業員の車で街中に連れて行ってくれたので、困ったことは無かったです。相部屋のルームメイトと貸し借りが出来たのも大きいですね。

 

長野のリゾートバイトに応募した方法

リゾートバイトの人材派遣会社のサイトから応募しました。絶対に人材会社の企業を通して行くのがおすすめです。

一緒に働いていた人の中にはホテルに直接連絡して働いている人がいたのですが、どれだけ働いても日給8000円固定。私たちはタイムカードがあり、休日出勤や残業手当てももらえます。交通費も全額払ってもらえたので、派遣会社を通して連絡したほうがダントツで良い待遇でしたよ。

最終的に稼いだ合計金額も、直接連絡で働いていた人は私より3分の2くらい少なかったんです。その人は私より1.5倍近く働いていたのに。

派遣会社を使ってみる:リゾートバイトの派遣会社を使い倒した私がおすすめするランキング

もっと体験談を見る:リゾートバイトの体験談一覧

 

更新日:


comment

メールアドレスはプライバシーのため公開されません。 また、名前はニックネームでも可能です。

CAPTCHA


コメントありがとうございます!

Copyright© #リゾバしろ , 2019 All Rights Reserved.