リゾートバイトの交通費は前払いできたので必要な初期費用は2万円!

リゾートバイトの初期費用額

リゾートバイトはいくらお金があれば行けるのか?

貯金が少なすぎて、もはやリゾバを始める生活費、交通費も足りるか分からない...。そんな金欠の時期ってありますよね。もし途中でお金が尽きたらヤバイ!!

 

そこでプロのリゾートバイターが、必要なリゾートバイトの初期費用額をまとめました。最初の手持ち金額をいくら持っていれば足りるのか、足りなかったらどうすればいいのかが分かりますよ。カードローンや借金でムダな利子を払わなくて済むんです。

結論からいうと、初期費用は2万円以内!お金が無くても派遣会社から利子無しで前借りできるから立て替えられる!

 

用意するリゾートバイトの初期費用額は2万円以内!

リゾートバイトを始めてから最初の給料日までに必要な金額は、2万円以内に収まります。内訳は下記をご覧ください。

リゾートバイトの初期費用

スマホ代:5000円

食費(賄いの無いリゾートバイトの休日):3000円

行きの交通費:10000円

合計:19000円

※使用しているスマホの月額、食費の節約、リゾートバイト先にたどり着く交通費によって変動します

 

普通のアルバイトなら家賃に水道光熱費、食費も毎日かかってくるので、安くても月5万は払っていました。でもリゾートバイトならすべて無料だったので、2万円さえあれば稼げたんですよ。

ニート活動をしていたり離婚したり貯金が少ないなど、人によっていろいろ事情がありますよね。正社員になるには時間がかかりますが、リゾバなら簡単な面接1回でいいのも助かるところ。

 

全額支給でタダになるリゾートバイトの生活費用

普通に一人暮らしをしようとすると、初期費用は2万円より何倍も高くなりますよね。リゾートバイトがそこまで安く暮らし始められるのは、生活費の全額支給にあるんです。

平均生活費リゾートバイト都会の一人暮らし
家賃(家具代)無料50000円
水道光熱費無料10000円
食費無料 ※130000円
往復交通費無料 ※220000円

※1 3食無料の派遣先の場合
※2 行きの交通費は貯金から払い、リゾートバイト終了後に全額返金

 

家賃無料(家具含む)

月4万円の物件に住むとそれだけで、リゾートバイトの初期費用を超えます。田舎の月4万ならまだしも、都会でその安さはヤバい家が多い...。さらに自分で家具家電を買い揃えないといけないので、もっと費用がかさむことに。洗濯機に冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器に支払うお金もバカにならない!!

リゾートバイト中は家賃も家具も無料で借りられます。

 

水道光熱費無料

電気、ガス、水道代すべて含めると1ヶ月でだいたい1万円かかる水道光熱費。夏のクーラーや冬の暖房をつける時期は、費用が倍に膨れ上がるやつ...。

これもリゾバ中は無料!極端な話し、クーラーを1日中つけっぱなしにしても請求されませんでした。

 

食費無料

1人暮らしの食費も、自炊をメインにしても月3万円くらいはかかっていました。その食事代もリゾートバイトなら、従業員食堂や賄いをタダで食べられるんですよ。

食費はリゾートバイトの派遣先によって2食無料や1食だけのところがあるので、3食タダを選ぶと1番初期費用を抑えられます。

 

交通費(旅費)無料

旅行に限らず移動するなら必ず、交通費がかかりますよね。格安バスや飛行機を駆使しても、たいてい1万円はかかるのが移動代。この交通費もリゾートバイトは全額負担してくれるんです。

ただ、行きの交通費は貯金から払う必要があります。支払ったお金は全額、リゾートバイトが終わってから返ってきますよ。もし行きの交通費を派遣先の会社が払ったら、そのお金を持ち逃げする人がいるからとのこと。

実は事情や状況によっては、個別に行きの交通費を振り込んでくれる場合があるんですよね。これは本当に持ち金がヤバい時だけの特別措置!初期費用が足りなくても、派遣会社の担当を説得すればなんとかなります。

 

リゾートバイトは給料と交通費を前借りできるから、お金が無くても始められる!

貯金がほとんど無くてもリゾートバイトを始められるよう、派遣会社は前借り制度を用意してくれているんですよ。なので、今は無一文だったり、お金が底を尽きそうな時にもリゾバで挽回できます。

冠婚葬祭や事故といった突然の出費でお金が足りなくなる時も、リゾートバイトの派遣会社は前払いしてくれました。

派遣会社によって前払いの制度が変わってくるので、給料と交通費に分けて以下にまとめています。対象の派遣会社は5つです。

 

給料の前払い金額

それぞれの派遣会社によって、前借りできる給料の金額や振込手数料、振込日数が変わってきます。

もっとも前払いしてもらえる金額が高いのはヒューマニックの制度!

リゾートバイト派遣会社の給料前借り制度
アルファリゾートアプリリゾートヒューマニックハッシャダイグッドマン
上限額働いた給料の60%(上限100000円)50000円 ※1働いた給料の半額(個別対応)※250000円
回数制限1回月1回制限なし月1回
手数料400~800円 ※3840円0~324円 ※4324円
振込日数日以内2日以内4日以内2日以内

※1 上限変動(働いた日数が9日以内なら2万円。16日以内なら4万円。それ以降は5万円が前払いの上限額)
※2 未来のシフト量や人柄から個別判断
※3 振込先銀行による
※4 2日以内の振込なら5万円以下で216円。5万円以上で324円。4日以内の振込なら手数料無料

 

じっと表をながめているとややこしく感じてくると思います。結局ヒューマニックの前払い制度が1番良いことだけでも、しっかり知っておくといいですよ。

ただどの派遣会社も、事情に合わせて柔軟に対応してくれるんですよね。娯楽費を除く急な出費には、上限額や回数制限関係なく払ってもらえるんです。他にもワーキングホリデーでリゾバをしに来ている外国人が帰国する時、そんなときも全額前払いしていたり。

とにかく、前払い制度については神経質にならなくて大丈夫です。どうしてもお金が足りなかったら前借りできる、その知識さえ持っておけば十分!

リゾートバイトの派遣会社を使い倒した私がおすすめするランキング

 

交通費の前借り金額

リゾートバイトの派遣先に向かう交通費は基本、貯金から出す必要があります。なので、行きの交通費は初期費用に含まれているんです。

ただこの行きの交通費も事情によっては、どこの派遣会社でも前借りできるんですよ。特にその派遣会社を通して2回以上リゾートバイトをしているなら信頼が溜まっており、交通費の前払いもしてもらえます。初めてのリゾートバイターは消息不明になるリスクがあり、行きの交通費は払ってもらえないんですよね。

 

中でも交通費を支払ってもらえるタイミングの早いのが、ハッシャダイリゾート!他のリゾバ派遣会社は最後の給料日に旅費を振り込みますが、ハッシャダイだけは最初の給料日。

リゾートバイト派遣会社の交通費制度 ※1
アルファリゾートアプリリゾートヒューマニックハッシャダイグッドマン
前借りの可否基本不可基本不可基本不可基本不可基本不可
支給額 ※2全額全額全額全額全額
振込日最後の給料日最後の給料日最後の給料日最初の給料日最後の給料日
領収書必須必須必須必須必須

※1 交通費の支払い条件は期間満了。突然辞めると支払ってもらえない
※2 一週間や二週間といった超短期のリゾートバイトの場合、全額支給ではない事がある。一ヶ月以上は全額支給のものばかり

 

最後に、交通費の領収書は振り込みが終わるまで絶対に、無くさないでくださいね。万が一支給されていなかった時、証拠が無いと自腹になってしまうので注意!

 

今の金欠さえどうにかなれば、リゾバでガンガンお金が貯まりました。深夜料金に残業、期間満了手当てを上手く利用すれば、1年で100万は稼げます。

関連:【いくら稼いだ?】住み込みリゾートバイトの手取り給料・貯金相場

 

更新日:


comment

メールアドレスはプライバシーのため公開されません。 また、名前はニックネームでも可能です。

CAPTCHA


コメントありがとうございます!

Copyright© #リゾバしろ , 2020 All Rights Reserved.